メニュー
 
 

おすすめ可愛い妹に萌えるアニメ!


妹アニメというと基本的に妹がお兄ちゃんに対して恋愛感情丸出しのアニメだったり、超ブラコンのアニメだったりするわけですが現実にはあまりないですよね。

さらに言うとこれ系のアニメってやっぱりキモヲタが見るもの思われて一般的にはキモチワルイと思われる対象です。

ただこれって、現実に妹がいない人の妄想だから別にいいと思うんですよね。

例えば、男なら父子家庭の父ちゃんが突然再婚。再婚相手はめちゃめちゃいい女。そんな人と今日から一つ屋根の下に…
とか、大ヒットの映画「君の名は。」でもありますが男女入れ替わりで、女の子の体ってこんなことに…とか。

この手のフェチってそれくらい誰でもするライトな妄想の中の一つのジャンルがメジャーになったというだけなので、もっと広い心で見てあげるべきだと私は思うのです。

aカテゴリ一覧>>

 

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

379

・放送時期
1期:2010年
2期:2013年

・公式サイト

http://www.oreimo-anime.com/1st/
http://www.oreimo-anime.com/
wikipedia

・声優
高坂 京介
声 – 中村悠一

高坂 桐乃
声 – 竹達彩奈

槇島 沙織
声 – 生天目仁美

五更 瑠璃/ 黒猫
声 – 花澤香菜

新垣 あやせ
声 – 早見沙織

・あらすじ

主人公の高坂京介は、波乱のない普通の人生を志向する高校生。
スポーツ万能で雑誌モデルをしている中学生の妹・桐乃とは、幼い頃は仲が良かったが、今ではまともに挨拶も交わせない険悪な関係になっていた。
ある日、桐乃の趣味を発見して…

・偏見レビュー

近年の妹萌えアニメの金字塔と言えるでしょう。

アニメに興味のない層でも聞いたことがあるタイトルでしょう。

読者モデルでヲタクとは無縁のリア充の妹が実はエロゲ―が好きで…みたいなお話。

よくあるお兄ちゃん大好き系ではなくて、兄に対してのツンデレアニメ。

いい具合にコメディ要素も入っていて、いかにもな萌え要素も少な目なのでライト層にも楽しめるアニメ。

2期まであって、2期を見るには1期だけでなくスペシャル版も見たほうが良いです。

ただエンディングに関しては、ちょっと賛否両論な気がする。

私はちょっと違和感でしたねー。まあ、あんな感じで終わるしかなかったんだろうけど…

 

干物妹!うまるちゃん

1869

・放送時期
2015年
・公式サイト

http://umaru-ani.me/
wikipedia
・声優

土間 埋(どま うまる)
声 – 田中あいみ

土間 大平(どま たいへい)
声 – 野島健児

海老名 菜々(えびな なな)
声 – 影山灯

・あらすじ

東京都八王子市近郊を舞台に、外では才色兼備で完璧だが家ではグータラに過ごす女子高生「うまる」と、その兄「タイヘイ」の日常を綴ったギャグ漫画である。
有名作品やサブカルなどのパロディが小ネタとして随所に散りばめられているのも特徴。

・偏見レビュー

ヤングジャンプで連載している原作をアニメ化。

比較的アニメ化で成功したアニメと言えると思います。

コスプレも多かったんですけども近年のコンテンツのオワコン化の早さから最近はもう話題にならないですね。

お兄ちゃんと恋愛はありません。

外では美少女、家ではぐーたらのうまるちゃんが優しい保護者的なお兄ちゃんにワガママ放題いうのを楽しむアニメ。

憎たらしくもかわいらしいという感じでしょうか。

OPもクセになるリズムで何度もループして聞きたくなります。

2期を心待ちにしているアニメの一つです。

 

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。

855

・放送時期
2014年
・公式サイト

http://imocyo-anime.com/
wikipedia

・声優
神前 美月
声 – 橋本ちなみ

寿 日和
声 – 小倉唯

神前 夕哉
声 – 間島淳司

桐谷 雪那
声 – 金元寿子

・あらすじ

親の再婚で義理の兄妹になった神前美月と神前夕哉。
しかし美月は新しくできた家族に馴染めず、夕哉も新しくできた妹との接し方が分からずに悩んでいた。
夕哉との生活に思い悩んでいる主人公・美月はある日、事故で死んでしまった記憶喪失の幽霊の少女・寿日和に憑かれてしまう。

・偏見レビュー

18禁アニメとは言いませんがよくこんなもんを地上波で放送したなと思えるほどの卑猥なアニメ。

実際元々は22時台に放送していたものがBPOの審議が入り深夜帯に変更になったというほどです。

実際には義理の妹になるので厳密には本当の妹で、兄と妹とのラッキーエロシーンも健全と言えます。

ちなみに実写版もあって、天才てれびくんで子役時代から活躍しているてんちむちゃんが主演して、過激な濡れ場に挑戦しています。

家族で見るアニメではありませんがストーリーも気軽に見れるアニメでとても好きです。

 


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

366

・放送時期
2011年
・公式サイト

http://king-cr.jp/special/oniichan/
wikipedia

・声優
高梨 奈緒
声 – 喜多村英梨

高梨 修輔
声 – 豊永利行

土浦 彩葉
声 – 井上麻里奈

・あらすじ

高校1年の少女・高梨奈緒は1つ上の兄の修輔が大好きなブラコン。
一方の兄・修輔は、女の子(妹を含む)が少し気になり過ぎる、ちょっとエッチな少年。
奈緒によるエッチなアプローチに悶々とする日々を過ごす修輔だったが、特に何も起こらず、2人は兄妹の関係のままだった。
ところがある日、修輔の幼馴染だったツインテ少女・彩葉が10年ぶりに戻って来てから、修輔がエッチなものに反応しなくなってしまい、奈緒は気が気ではなくなる。

・偏見レビュー

ツンデレ、超ブラコン、変態妹のアニメ。

まあ、基本的にドタバタ下ネタラブコメって感じで何も考えずに見ると楽しめるアニメ。

こういうアニメは設定的に意味わからんというのがありますけどそこはあまり深く考えないことがお作法です。

兄が大好きで偶然を装って挑発ばかりするくせに、そのわりにはお兄ちゃんには好きじゃないアピールをする意味がわからない。。。

第1話で血のつながりがないことがわかりますのである意味健全なアニメかもしれませんけども。

ただキャラデザが気になる人もいるかも。。。

体型のバランスもそうだし、目の下の線がクマに見えてしまい気になって仕方がない…

 

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

365

・放送時期
2012年

・公式サイト
http://oniai.com/
wikipedia

・声優
姫小路 秋人
声 – 逢坂良太

姫小路 秋子
声 – 木戸衣吹

那須原 アナスタシア
声 – 茅原実里

猿渡 銀兵衛 春臣
声 – 下田麻美

・あらすじ

航空機の事故で両親が死んだことによりそれぞれ別の親類の家に身を寄せていた双子の兄妹、姫小路秋人と姫小路秋子は、それぞれが身を寄せていた家を離れ、東京で6年ぶりに2人で暮らすこととなった。
ところが秋子は6年の間に極度のブラザーコンプレックスとなっており、兄に対して恋愛感情を抱いていた。

・偏見レビュー

これぞ近代的な妹萌えアニメと言えるでしょう。

一つ屋根の下で暮らす多人数女子と一人の男子。

如何にもなハーレムラノベアニメな展開のヒロインの中にお兄ちゃん大好きな妹がブラコンをこじらせて恋愛感情をもって加わっていると言う感じでしょうか。

よくあるハーレムアニメ的な展開ながらも、ヒロインたちのキャラがぶっとんでいるので結構笑えます。

ただ、ちょっとアニメ上級者向きかも。

 

ヨスガノソラ

2349

・放送時期
2010年

・公式サイト

http://king-cr.jp/special/yosuganosora/
wikipedia

・声優

春日野 悠
声:下野紘

天女目 瑛
声:阪田佳代

依媛 奈緒(よりひめ なお)
声: いのくちゆか

・あらすじ

2008年12月5日にCUFFSの姉妹ブランド、Sphereより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム。
山奥の田舎町へ妹と2人で移り住んだ主人公が、妹やヒロインたちと共に不器用な恋愛を展開する物語である

・偏見レビュー

エロゲ原作のアニメです。

これは完全にエロアニメの部類ですね。ラブコメではなく恋愛物です。

ガチの近親相姦シーンがあり、一時期実の妹との近親相姦をヨスガるという風に呼ばれたほど話題になりました。

作画も非常に綺麗で見る価値ありです。

 



魔法科高校の劣等生

2150

・放送時期
2014年

・公式サイト

http://mahouka.jp/
wikipedia

・声優
司波 達也
声 – 中村悠一

司波 深雪
声 – 早見沙織

西城 レオンハルト
声 – 寺島拓篤

千葉 エリカ
声 – 内山夕実

・あらすじ

佐島勤による日本のライトノベル。
体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション。
西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「一科生」の妹と、その補欠である「二科生」の兄の物語である。

・偏見レビュー

俺tueeeアニメの決定版アニメ。「小説家になろう」で掲載されたの原作小説のアニメ化。

学校のテストの成績では劣等生だが、学校では測れない能力は天才的という主人公が俺tueeeを繰り返す魔法バトルアニメ。

アンチと信者が同居するカオス的なアニメで、その理由は見ればなんとなくわかります。

あまりにもご都合主義で納得できないところもあるけども、主人公が無双する部分が気持ち良いというか…

この主人公の妹が「お兄様、お兄様」と極度のブラコン。

このアニメを揶揄して2ちゃんでは「お兄様」って呼ばれてました。

 



この中に1人、妹がいる!

805

・放送時期

2012年

・公式サイト

http://www.tbs.co.jp/anime/nakaimo/
wikipedia

・声優

帝野 将悟
声 – 櫻井孝宏

鶴眞 心乃枝
声 – 石原夏織

神凪 雅
声 – 佐倉綾音

天導 愛菜
声 – 大亀あすか

・あらすじ

帝野将悟は世界的な大企業である「帝野グループ」の社長・帝野熊五郎の息子。
将悟は父の急逝後その遺言に従いグループ社長の座を継ぐことを決意した。
遺言で将悟に後継者の条件として提示されたのは2つ、1つは能力面での特訓を行って1年間で帝野グループ社員全員が社長として相応しいと認めるような成果を出すこと、そしてもう1つは…

・偏見レビュー

清々しいほどの妄想ラノベアニメです。

最近は残念ながらこの手のアニメが飽きられていると言うか減っている現状があり非常に残念に感じます。

ちなみに色んなヒロインたちのおっぱいやお尻も楽しめるという意味ではかなり優秀なハーレムアニメです。

本当の妹は誰なんだ?というミステリー要素があるので単なるだらだらとラブコメをやるよりも楽しめるかも…

恋風

763

・放送時期

2004年

・公式サイト

http://www.nbcuni.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%8B%E9%A2%A8

・声優

佐伯耕四郎
声 – 三宅健太
小日向七夏
声 – 中村有岐
佐伯善三
声 – 田中亮一
小日向梢絵
声 – 加藤優子

・あらすじ

耕四郎は、少年時代に両親が離婚。
父に引き取られた耕四郎は、母方との交流を持たず、十数年たった。
ある日、偶然知り合った女子高生に心惹かれる。しかし、彼女は生き別れになった12歳年下の妹七夏だった。

・偏見レビュー

エロいお話ではありませんが、ガチの近親相姦アニメ。

生き別れの妹と再会した兄妹が、同居をきっかけに恋をしていくお話。

これもラブコメではなく恋愛アニメです。

妹に恋するなんてありえないと葛藤しつつも我慢できなくなって…

近親相姦とはいえ純愛アニメと言えるアニメです。

 



偽物語

2584

・放送時期

2012年

・公式サイト

http://www.monogatari-series.com/nisemonogatari/
wikipedia

・声優

阿良々木 暦
声 – 神谷浩史
阿良々木 火憐
声 – 喜多村英梨
阿良々木 月火
声 – 井口裕香
戦場ヶ原 ひたぎ
声 – 斎藤千和

・あらすじ

『偽物語』は21世紀初頭、私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に関わった少年少女を描いた青春怪異小説『化物語』の続編である。

・偏見レビュー

深夜アニメとしては歴史的なDVD売り上げを見せた化物語の第二期アニメ。

化物語を見て気に入って、その勢いで見てしまうと??ってなってしまうかも。

演出は相変わらずいかにもな制作会社シャフト的な演出ですが、なぜか主人公、阿良々木君とその妹たちのいちゃラブストーリーになっています。

もちろん物語の主軸である怪異の話にもつながるわけだけどちょっと雰囲気が違うかも。

化物語シリーズのちょっとした小話と言う感じでとらえるといいかも。

ちなみにOPの井口裕香さんが歌う白銀ディスコはなんかクセになる名曲と評判です。

 

シスタープリンセス

924

・放送時期

シスタープリンセス 2001年
シスター・プリンセス RePure 2002年 

・公式サイト

http://king-cr.jp/special/sispri/index.html
wikipedia

・声優
可憐(かれん)声 – 桑谷夏子
花穂(かほ)声 – 望月久代
衛(まもる)声 – 小林由美子
咲耶(さくや)声 – 堀江由衣

・あらすじ

 ある日突然妹が出来たら・・・。しかも、12人も。
そんなシチュエーションから物語はスタートします。彼は、頭脳明晰の高校受験生。(中学三年生)東京都在住。 
父は外交官で、母はいません。1人っ子で、小さい頃から父は外国へずっと赴任しており、実際は「じいや」が育ててくれました。
 そんな彼が高校受験をしますが、ちょっとしたミスで受験に失敗します。途方にくれる航。身寄りもなく、高校浪人と思いきやそこへ高校入学許可を告げる黒服の男たちが登場。
いきなりの事件に戸惑いと混乱が入り乱れる航。そこに、さらに追い討ちをかける出来事が・・・。

・偏見レビュー

2001年のアニメですので、少し時代を感じてしまうかもしれません。

というか、とんでも設定すぎてレビューがなんとも言えない感じで…

キャラデザの好みもありますし、設定についていけるかなども踏まえて1話視聴していけると思う方はハマるでしょうし、逆に1話みて無理だと思ったら長く視聴しても無理なアニメだと思います。

 

To LOVEる -とらぶる-

2689

・放送時期

2010年

・公式サイト

http://www.j-toloveru.com/old/index.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/To_LOVE%E3%82%8B_-%E3%81%A8%E3%82%89%E3%81%B6%E3%82%8B-

・声優

結城 梨斗
声 – 渡辺明乃

ララ・サタリン・デビルーク
声 – 戸松遥

西連寺 春菜
声 – 矢作紗友里

結城 美柑
声 – 花澤香菜

・あらすじ

矢吹健太朗(漫画)・長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画、およびそれを原作とするアニメ。
主人公・結城梨斗(以下「リト」と表記)は、恋愛に奥手な男子高校生。
クラスメイトの女子高校生・西連寺春菜に恋しており、実は彼女とは両想いだが、互いにその事実を知ることはなかった。
そんなリトのもとに、ララ・サタリン・デビルークと名乗る宇宙人の女の子がやってきた。

・偏見レビュー

少年誌の規制をあらゆる方法でかいくぐり女性器らしきものを描きつづけ矢吹神とまで呼ばれるレジェンドが生み出した珠玉の名作のアニメ化です。

To LOVEる -とらぶる-といえばラッキーエロ、ハーレムマンガという認識が強いと思いますが、他にも側面がありまして小学生ながらもその兄のラッキーエロに加わる妹、蜜柑もやっぱり妹萌えな存在。

まじめな優等生キャラとラッキーエロと言う組み合わせは最高のハーモニーを奏でるわけですね。

ちなみにエロさを求めるならスピンオフ作品のTo LOVEる ダークネス。

こちらも必ずチェックが必要です。

 

Charlotte

955

・放送時期

2015年

・公式サイト

http://charlotte-anime.jp/
wikipedia

・声優

乙坂 有宇(おとさか ゆう)
声 – 内山昂輝

友利 奈緒(ともり なお)
声 – 佐倉綾音

高城 丈士朗(たかじょう じょうじろう)
声 – 水島大宙

西森 柚咲(にしもり ゆさ)
声 – 内田真礼

・あらすじ

思春期の少年少女のごく一部に、不完全な「特殊能力」が発症する世界。
他人の体を5秒だけ乗っ取る能力を持つ少年・乙坂有宇は、これを人知れず悪用しエセ優等生生活を送っていた。
しかし、星ノ海学園生徒会の友利奈緒と高城丈士朗に見破られ、妹・乙坂歩未と共に学園に転入、生徒会で自分たちと同じ能力者に警告する活動に協力することになる。

・偏見レビュー

原作:麻枝准、制作会社:P.A.WORKSということで、あの名作『Angel Beats!』の信者たちが期待しまくって、面白くないと叩きまくったアニメ。

いわゆる異能力ものなんだけど、key作品らしく日常パートから一気にシリアスパートへ急変します。

このあたりからアンチが非常にいたわけですけど、期待度を高くしなければ非常に楽しめるアニメ。

Charlotteの意味はネタバレになるので視聴後にググってみましょう。

 



僕は友達が少ない

2095

・放送時期
2011年

・公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/haganai/1st/index-j.html
wikipedia

・声優
羽瀬川 小鷹
声 – 木村良平

三日月 夜空
声 – 井上麻里奈

柏崎 星奈
声 – 伊藤かな恵

楠 幸村
声 – 山本希望

・あらすじ

聖クロニカ学園(せいクロニカがくえん)高等部2年生の羽瀬川小鷹は、転校初日から遅刻し自己紹介でも失敗してしまった。
転校から1か月経ってもその外見(中途半端な金髪)と転校初日のことが原因で周囲にヤンキーと勘違いされ、クラスで浮いた存在であった。
ある日、小鷹はいつも不機嫌そうにしている同級生の三日月夜空が1人で楽しげにしゃべっているのを目撃。
エア友達と話していたと釈明する夜空は、友達を作るために隣人部(りんじんぶ)という部活を創部し、小鷹も無理やり入部させられることになる。

・偏見レビュー

ハーレムラノベアニメなのですが、ハーレムの一員ではない中二病の金髪ゴシックロリ娘。

お兄ちゃん大好きでこの容姿なのに主人公を「あんちゃん」と呼んだりするところのギャップに萌えてしまうわけです。

また、中二病用語をやたらと使いクスッとなるところもこの名作ラブコメアニメのエッセンスです。

実写化もされており原作も高い人気の作品です。

 

サイクロプス少女さいぷ〜

856

・放送時期

2013年

・公式サイト

wikipedia

・声優

斎藤 楓香(さいとう ふうか)
声 – 中原麻衣

斎藤 光(さいとう ひかる)
声 – 高梨謙吾

・あらすじ

主人公の女子中学2年生。
兄・光のことが何より大好き。
身体が大きく髪の毛で左目が隠れていて一つ目に見えるという理由から、一つ目の巨人サイクロプスみたいということで、あだ名はさいぷ~もしくはさいぷーと呼ばれている

・偏見レビュー

うまるちゃんと同じくヤングジャンプで連載していたアニメ。

こちらは4コマです。

ショートアニメだからか、そもそも原作も流行ってなかったからか、アニメのクオリティの問題か、まああんまりおもしろくはありません。

ただ、身長が超デカくて美人と言う設定でお兄ちゃん大好きは、今まであまり見たことがないのでここに入れてみました。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

記事一覧


特集アニメまとめ

このページの先頭へ