メニュー
 

SHIROBAKOの感想、評価


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

SHIROBAKO

0108_12

 

私が絶対に見てほしいアニメはSHIROBAKOというアニメです。

このアニメはただ単に一つのアニメ作品という以上の意味を持つアニメだと私は思っています。

というのもこのアニメはアニメの制作現場で働く人々の話のアニメなんです。

0108_14

このアニメを見る前とこのアニメを見た後ではアニメという物の見方が変わってしまうような気がします。

ぜひアニメをたくさん見ていると言う人もこれからアニメを見ようとしている人も見てほしいアニメです。

実際私もこのアニメを見るまでは制作進行という役割がアニメの制作現場にある事を知りませんでした。

エンディングのスタッフロールまでしっかりと見ている人にはあたりまえの事なのかもしれませんが、私のようにアニメの仕事をしている人は監督、脚本、声優ぐらいしか知らないと言う人もたくさんいるのではないでしょうか。

0108_15

 

このアニメを見ればどんな役割の人たちがアニメ制作の現場に携わっているのかが分かるでしょう。

物語は主人公である宮森が、アニメ会社に制作進行として入社してから少したった所から始まります。

宮森の他にも、声優志望、3Dアニメーター、作画担当、脚本家志望という5人組の同じ学校の仲間がいて、彼女たちがアニメの制作現場の中で自分たちの夢に向かい日々壁と戦ったり、トラブルに巻き込まれたり、挫折しそうになったりしながらストーリーは進んでいきます。

はたして彼女たちはアニメの制作現場という世界でどんなことを感じ、どこへ向かってくのでしょうか。

0108_16

5人組の他にも登場人物はたくさんでてきます。

というかこのアニメはかなりの数の人物が出てきます。

登場機会に多い少ないはありますが、みんな個性的なキャラクターでアニメというものに携わっています。

なかにはアニメ業界には実際にそういう人もいるのか、仕事をしない、仕事がなかなか進まないという人も出てきます。

もちろん凄腕のアニメーターなどもでてきます。そういった人たちが互いに交わりながらアニメ業界という所はどんな所なのかを見せてくれています。

0108_17

 

このアニメを見てからは作画や音声、声優の演技などを注意深く見るようになりました。

なにげなく見ている所にも力が注がれているのだと思いました。

制作側からすれば注意深く見られるのはあまりいい事ではないのかもしれませんが、そうなったことにより今までよりもアニメの楽しさが広がったように感じます。

SHIROBAKOのおかげでまだまだアニメという物が楽しめていけると思います。

 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ