メニュー

 

おそ松さんの感想、評価


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

おそ松さん

 

0901_19

今さらこのアニメをオススメするのは気が引けるのですが、それでも未見の方には「おそ松さん」をオススメしたいですね。

もうとっくに放送は終わったというのに未だ衰えないおそ松さん人気。

その人気の大半が女性からのものであるのは言うまでもないですが、純粋にアニメとしても面白い作品であったと思います。

男としてはいわゆるやおい的要素には含むところが無かったとはいいませんが、それでも毎週欠かさずに見続けました。

0901_20

とくに、比較的やおい要素が少なかった序盤の面白さは群を抜いてましたね。

謎の工場でだよーんが量産されていたりとか、6人兄弟のニートたちがハローワークに通ったかと思ったら飲んだくれてたりとか、デカパンマンとか、もう笑える要素がいくつもありました。

0901_24

個人的に一番笑ったのは第三話の「OAW」ですね。

外国の有名な映画のパロディネタですが、じぐ蔵という名前のチェーンソーを持った謎の男が、おそ松に復習を遂げようとおそ松を監禁していざ切りかかろうとしたところでおそ松から発せられる衝撃的な一言。

0901_23

「一松ですけど」そう、6つ子ゆえに間違ってしまったのです。

その後も間違え続け、やっとおそ松を捕まえたと思ったら本当の犯人はカラ松……かと思いきやトド松が真犯人だという天丼に天丼を重ねる展開で、いい加減キレてしまったじぐ蔵はもう誰でもいいやとばかりに十四松に復習を遂げる…。

もう書いていて思い出し笑いをしてしまうほどに爆笑したエピソードでした。

今となってはやりすぎとも思えた幻の初回が見れないのは残念ですが、それでもおそ松さんを見るだけの価値は十分にあると思います。

0901_21

0901_22

一方で、個人的には時々思い出したように入るシリアス回はいまいちだったような気もしましたけれども。

個々のエピソードはそれぞれ悪くない、というか良いんですよ。

十四松の初恋とか、エスパーにゃん子とかそれ単独だけならシリアスエピソードはいずれも評価出来ると思います。

ただ、それを経験してきた6つ子があっさりとギャグに走ったりやおいに走ったりする。

0901_25

シリアスもギャグもそれぞれ評価出来るだけに相容れないようにしか思えなかったのは残念でした。

まあ、あくまで個人的な意見ですけれどもね。

ただ私のように気に入らない点があってもおそ松さんを見る価値は十分すぎるほどにあると思います。

特に、若い男子だったりするならば。

0901_26

今どきアニメを見ている女の子の中でおそ松さんを見ていない女子なんてほとんどいないでしょう。

ということは、おそ松さんさえ見ていれば共通の話題が出来る、ということに他なりません。

流石に押し松なんて話題にはついていけないかもしれませんが、女の子と接点を持つためにも見てみるのもいいのではないでしょうか。


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ