メニュー

 

新海誠監督作品 「彼女と彼女の猫」 自主制作版


新海誠監督

少年と少女の恋愛をテーマにした作品が多い。
代表作とされる『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』の3作は、いずれも主人公の2人の心の距離と、その近づく・遠ざかる速さをテーマとしたものである。
全作品を通して、風景描写の緻密さ・美しさが特筆される。

彼女と彼女の猫

0905_36

wikipedia

声優

彼女
声 – 篠原美香

声 – 新海誠
物語の語り手。若いオスの白猫。

0905_37

概要、あらすじ

新海監督が日本ファルコムに勤めながら作った作品であり、完全に個人で制作された5分弱のモノクロアニメーション作品である。
都会で一人暮らしをする彼女と、偶然彼女に拾われた一匹の猫の物語。
2016年3月に、新たな制作陣によるオリジナルストーリーのテレビアニメが放映された。

本編動画

偏見レビュー

0905_39

2000年に発表された新海誠監督の原点として高く評価されている作品。

約5分ほどのショートアニメながらもここから秒速5センチメートル言の葉の庭につながっていくんだなということがわかります。

ただもちろん5分のものですからそこまで期待してはいけません。

だけど、美しくノスタルジックな世界観は監督の中ですでに作られていたんだなと思わせられます。

0905_38

2016年に花澤香菜さんが彼女役でオリジナルストーリーのテレビアニメ版が放送されました。

監督は坂本一也氏。

私としては、この新海監督の自主制作版の方が好きかなと。
0905_40


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ