メニュー
 
 

小説家になろう特集! ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (ダンまち)


小説家になろう

株式会社ヒナプロジェクトが提供する小説投稿サイト。
2014年ごろから、本サイト出身のライトノベルなどを総称して「なろう系」と呼ばれるようになる。
一般的に「なろう系」の作品は「オタクの「満たされない」欲望を擬似的(安易に)に「満たして」くれる作品」と定義される。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (ダンまち)

0906_15

放送時期

2015年4月放送

公式HP

http://danmachi.com/index.html
wikipedia
0906_16

声優

ベル・クラネル
声 – 松岡禎丞
ヘスティア
声 – 水瀬いのり
アイズ・ヴァレンシュタイン
声 – 大西沙織

概要、あらすじ

大森藤ノによる日本のライトノベル。
広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。
英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、女神ヘスティアの所属ファミリアとなり冒険者となった少年ベル・クラネルは、場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。
なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。
その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。

予告PV

公式ツイッター




 

偏見レビュー

0906_17

ダンまちといえば言えば枕詞のように繋がる言葉それが「例の紐」なわけです。

例の紐ってのは、女神ヘスティアちゃんの

0906_18

たわわな胸を支える?青い紐わけです。

0906_21

まあ、もしかしたらブラジャーの代わりなのかもしれませんが、
基本的には必要がないわけで、
いわゆるパイスラッシュ同様に胸を強調しているわけです。

※パイスラッシュ
0906_20
0906_19

世の中には天才がいるもので、このような自由な発想が人類を成長させていったのだと思います。

何かと例の紐で話題になったわけですが、ストーリーもちろん面白いわけで、最初の設定に対する説明などは一切ないのがちょっと気になるところなのですが
真面目で優しくて努力家の駆け出し冒険者の主人公が、色んな敵と戦ったり、味方の力を得たりしながら人間的にも、冒険者としても成長していて、さらにハーレム展開があって、主人公には珍しい特殊スキルがあって…

0906_24

そう聞くとなんかよくあるファンタジー設定なわけですが、まあ実際その通りなわけで、でもなんかついずっと見続けちゃうという不思議な魅力のあるアニメ。

例の紐は一見の価値ありですから未視聴の方は見るべきアニメなのです。

ちなみにアイズ・ヴァレンシュタイン主役のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリアもテレビアニメが決定しており、小説家になろうからアニメ化は外れがないなと思ったりしています。

0906_22


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ