メニュー

 

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-の感想、詳細情報


昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

2017_w_18

 

・概要、あらすじ

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。
拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。
継いだ名跡は三代目助六。八雲師匠の為め、小夏の為め、二人の中の助六を変える為め、与太郎が見出す己の落語とは…。
繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ原作による、昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く期待の一作。

<2017年冬アニメ一覧に戻る

スタッフ

原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
監督:畠山守、シリーズ構成:熊谷純
キャラクターデザイン:細居美恵子
落語監修:林家しん平
制作会社:スタジオディーン

 

声優

関智一、石田彰、小林ゆう
小松未可子、牛山茂
関俊彦、土師孝也
加瀬康之、須藤翔
遊佐浩二、山寺宏一
林原めぐみ

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-公式HP

http://rakugo-shinju-anime.jp/
wikipedia

 

公式ツイッター



昭和元禄落語心中 -助六再び篇-予告PV

関連ツイート



 



 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ