メニュー
 

key作品特集!Angel Beats!


0921_10

Key(キー)は、ゲームソフトメーカーである株式会社ビジュアルアーツに所属するゲームブランドの一つである。
恋愛アドベンチャーゲームに「泣き」「感動」「笑い」の要素を取り入れた「泣きゲー」ジャンルの草分けかつ代名詞的存在として知られる。

Angel Beats!

0921_11

放送時期

2010年4月

公式HP

http://www.angelbeats.jp/
http://key.visualarts.gr.jp/angelbeats/
wikipedia
0921_12

声優

音無 結弦
声‐神谷浩史

仲村 ゆり
声‐櫻井浩美

天使
声 – 花澤香菜

概要、あらすじ

舞台は死後の世界。運命に立ち向かう少年少女たちの物語。
なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。
彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。
そして、立ちはだかるは神の使い・天使。それは、可憐なひとりの少女だった。

予告PV

 

偏見レビュー

0921_14

アニメ放送から6年経過していても今でも根強い人気のあるアニメ。

最初の方はギャグメインの展開で半笑いで見る内容なんですが、
だんだんとシリアスになっていくところが緊張と緩和というやつで非常に話に吸い込まれます。

key作品らしいシナリオの作り方になっていて、特に後半にかけて「あ、そういうことだったのね。」と思わせられます。

BGMも評価が高く感情が高まるようにいれています。

0921_13

ただ泣ける泣けると評判のアニメなんですが、あまりハードルをあげても泣けないわけで、死後の世界の日常系アニメ的な立ち位置で見たほうが良いかも…

特にギャグパートはお約束的なところもあり結構笑えます。

私は、初視聴はちょっとハードルが上がっていた分、うーん…となってしまいましたが、時間をあけてもう一度見直したら人気がある理由がわかった気がしました。

また、天使役の花澤さんの演技はこのころから際立っていて既に売れっ子になりはじめていましたが、ここでさらに不動の地位を築いたのかなという気がします。

ちなみに比較的key作品の中ではイラストが一般にも受けいれられやすいテイストなので、入りやすい作品です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ