メニュー
 

ダイヤのAの感想、評価


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

ダイヤのA

 

0729_1
 
私は「ダイヤのA」がとても大好きです。

ダイヤのAじゃ野球漫画で、今でも週刊少年マガジンで連載が続いています。

ダイヤのAのアニメは2013年より放送を開始し、時間を変え新シリーズダイヤのA-SECONDSEASON-として2016年3月まで放送されていました。

 
0729_2
 

主人公である沢村栄純が中学校で野球をしているところから物語は始まります。

 
0729_4
 

そして、スカウトにきた青道高校の人と一緒に青道高校野球部を見学に行くことで沢村の人生に転機が訪れます。

キャッチャーの御幸一也に出会い、
 
0729_5

 
沢村は青道高校に進学することを決めました。

私はこの主人公の沢村がとても明るいバカなところが大好きです。
 
0729_6

真っ直ぐ過ぎるところもあるので、人の地雷を踏んでしまうこともあるのですが、素直な人間というところに好感を持てます。

アニメでは声優を逢坂良太さんが担当されていますが、沢村にとてもピッタリな声をしています。

叫ぶように話をすることろなどは、実際に栄純が居たらこうなんだろうなと楽しませてくれます。

さらに、沢村にはライバルとして降谷暁という大きな存在がいます。
 
0729_7

二人は同じピッチャーでエースを目指しています。

降谷は御幸にボールを受けて欲しいという思いで、北海道から一般受験で青道高校に進学をしてきます。

この降谷もとても面白いキャラクターです。

とても早い球を投げるような人なのに、普段はボケボケで面白いです。

降谷と沢村はタイプの違う二人なので、活躍する姿も違い楽しませてくれます。

0729_8

降谷の声優は島崎信長さんが担当されています。

そして、この二人の球を受けている御幸一也も人気の高いキャラクターです。

扇の要のキャッチャーでもあり、次期キャプテンでもある御幸がいるからこそダイヤのAはさらに面白くなっていると思います。

少しクセのあるキャラクターではありますが、彼がいるからこそ沢村も降谷も青道に集まり、野球をしています。

もちろん、沢村がいる青道高校以外にも魅力のある高校がいくつもあります。

面白い野球をする高校がいくつもあるので、推しの学校を見つけるのも楽しいと思います。

0729_9

アニメでは漫画にはない応援の曲やバットで球を打つ音など、実際に高校野球を見ているようで楽しめます。

100話以上あるので、本腰を入れて見ることをオススメします!実は私自信、あまり野球には興味がありませんでした。

でも、そんな私でも野球に興味を持たせるほどダイヤのAの試合は心を踊らせてくれます。

漫画ですでに結果を知っている試合でも、ついハラハラしながら見てしまいます。

また、放送されていたアニメ以外にも漫画に付いてきた、沢村以外が主人公となったOVAなどもありますのでぜひチェックしてみてください。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ