メニュー

 

ベルサイユのばらの感想、評価


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

ベルサイユのばら

 
0730_36
 

ベルサイユのばらというアニメがとても感動的でした。

アニメ好きな友達がこのDVDを全巻持っており、全て観ました。

生まれる前のアニメですが、そのリアルで丁寧な描写に驚いたのです。

 
0730_37
 

今にもテレビ画面から飛び出してきそうなほどの立体的で生々しい迫力の絵が、大人になっても楽しめるんです。

目の瞬きから動きも本物の人間のようですし、動きも本当に人間が動いているかのようです。

ナチュラルな描写ながらも迫力のある豊かな表情も見ものです。

驚きの顔にドキドキとし、叫ぶ時の表情もドキドキします。それだけ生身の人間のような表情を描き出しているのです。

 
0703rev41

中でも泣く顔がとても感動的です。どの登場人物も強さのある人達ばかりで、プライドも高いのです。

だから、人前で弱音なども吐かず、凛とした態度を見せます。

でも、時に人の裏切りや恋愛でのトラブルなどでホロリと涙を流しては悲しむ場面があります。

そこが何だか上流階級の人が普通の庶民のような楽しい恋愛が出来なかったか、酷い血を流すようなドロドロとした裏切りに悩んでいたかが分かるのです。
 

綺麗なドレスに身をまとい、優雅に社交ダンスを踊る様は憧れます。

でも、その裏ではいつ暗殺されるか、いつ国の為に犠牲になるかという現実の中で生きているんだと分かるわけです。

ダンスを踊るのも、美味しい料理を食べるのも、そんな裏事情があるからこそ、そういったもので気を落ち着かせていたのではと思うのです。
 

ベルサイユという本当に存在する建物もよく再現している絵が素晴らしく、自分がその建物の中に居るかのような気分にもなります。

そして、高級で華やかなドレスを着て、今にも広いホールで踊りたくなるような気分になれるのも楽しいアニメなのです。
 

当時の王宮の中での暮らしぶりや人間模様もリアルに描きます。その人間模様というのもまた面白く、激しく罵りあったり、虐めをしたり、妬んだりと人間の生の姿もバシバシ描くあたりも引き込まれるところです。

綺麗ごとばかりではなく、本当の人間の姿とはこうなんだ、恋愛も美しいだけではないんだと分かります。

もう1つ、この時代には戦争という問題も起こりやすく、いつ隣国が攻めてくるかも分からない時代でした。

その戦場での激しい戦いの様子が鮮明に描かれているから、思わず背筋が凍りそうなほどです。

このアニメを見て、恐ろしい本当の戦争の意味も学びました。
 


 

コメントを残す

このページの先頭へ