メニュー
 
 

【みんなのおすすめアニメ】シスター・プリンセス RePure


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

シスター・プリンセス RePure

rev0702_9

 

私が見たアニメの中で、一番「凄い」と心から思ったアニメ、 それが2002年に放映された「シスター・プリンセス RePure」です。

このアニメはあらゆる意味で現実を超越しています。

まず主人公には12人の妹がいます。

その妹達は皆、お兄ちゃんのことが大好きです。

それもライクではなくラブな感情を兄に持っているのです。

(これは妹によって感情に濃淡があるので、一概には言えません)

rev0702_11

 

 

これだけでも現実に中指を立てていますが、凄いのはこれだけではありません。

アニメのOPやEDを見れば分かるのですが、このアニメ、主人公は「兄」です。

12人の妹のお兄ちゃんなんだろ、と思われるかもしれませんが、 そういう意味ではありません。

本当に主人公が「兄」なのです。 そうです。

このアニメに出てくる兄に、名前はありません。

rev0702_13

 

妹は皆お兄ちゃんとか、お兄様とか呼んでくるので問題はありませんし、 それ以外に、彼が名前や苗字で呼ばれるシーンは一度もありません。

主人公の名前がないアニメというのを、私は始めて見ました。

視聴者イコール兄である!だから兄に名前など要らない!これは要するにそういうことです。

(余談ですが、ゲーム版シスタープリンセスでも主人公にデフォルトネームはありません)

(お前の名前をつけるのだ!というこのアニメと同様の男らしさを感じてしまいます)

普通アニメは物語を見るもので、視聴者は主人公ではありません。

rev0702_14

あくまで主人公の物語をのぞき見るだけです。

しかし、このシスター・プリンセス RePureでは、主人公(兄)イコール視聴者です。

なので妹の「お兄ちゃん、大好き」というのは主人公というキャラクターではなく 視聴者そのものに向けられています。 彼女達は視聴者である兄に対してダイレクトに、愛を向けているのです。

私も色々とアニメを見てきましたが、こんな形式のアニメは このシスター・プリンセス RePureが最初で最後です。

その意味でこのアニメは、どんなアニメもかなわないほど個性的なアニメだと言えます。

ちなみにこのアニメにはAパートとBパートがあり、Bパートの方がより原作に近いアニメになっていますが、 兄へのあふれるほどの熱情という点では、どちらのパートも同じです。

このアニメでは、妹は兄に対して一度も否定的な感情を向けません。

100%肯定です。

褒めて愛して、いちゃいちゃして、ただそれだけです。

誰かに否定されたり怒られたり傷つけられたり、 そんなことが頻繁に起こるこの現代社会で、こんなにありがたいアニメがあるでしょうか。

一度でいいから100%肯定されてみたい、そう思っている人には心からオススメできるアニメです。

冗談抜きで、ここには楽園があるのです。

rev0702_12

 

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧


特集アニメまとめ

このページの先頭へ