メニュー
 
 

新世界よりの感想、評価


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

新世界より

 

0901_2

私がおすすめするのは「新世界より」です。

「新世界より」は、貴志祐介さんの小説を原作としたアニメです。

今から1000年後の日本を舞台としたサイエンス・ファンタジーで、呪力という超能力を持つ人間と、呪力は持たないが人間並みの知力を持ち、人間に絶対服従するバケネズミで構成された世界を描いています。

0901_3

主人公の渡辺早季は、学校の夏季キャンプ中に、大人が恐れている「悪鬼」と「業魔」の正体、今の平和な世界ができるまでの経緯、
呪力がもたらした過去の文明が崩壊するほどの恐ろしい事件といった禁忌に触れてしまいます。

0901_4

この作品で描かれている世界は人間全員が呪力という超能力を持っていますので、もし一人でも違う思考を持つ者がいたら、一人でも能力が劣り輪を乱す者がいたら恐ろしい事件に発展しやすい社会といえます。

だから人びとには攻撃抑制という争いを防ぐための遺伝子が組み込まれているのですが、当然攻撃抑制は呪力が備わったときに最初から組み込まれていたものではありません。
組み込まなくてはいけないような出来事があったから備わったのです。

0901_6

ではその出来事とは・・・?
その真相が後のストーリーと大きく関係していきます。

中盤からは力をつけたバケネズミが人間に対して下克上を起こすことになります。

0901_5

バケネズミと人間は知力は同等で、違うのは容姿と呪力を持つか持たないかくらいです。

この戦いでは人間の愚かさと醜さが嫌になるくらい描かれています。

超能力は知力には勝てないのだなと感じました。

同じ知力を持つのに、たまたま特別な力を持っていたというだけで服従させようとした人間は愚かだなあ・・・と。

0901_9

今この世界では人間と同じ知能の他の動物がいないからこんなことは起こらないけど、例えば人間にとって身近な存在の犬や猫が人間と同じ知能を持ったらどうなるんだろう?とか、つい色々考えてしまいました。

そしてこの戦いの結末は、さらに考えさせられる展開になります。

0901_8

バケネズミはなぜ下克上を起こしたのか、そもそもバケネズミのルーツは・・・。

人間の愚かさと醜さが描かれていると書きましたが、最後はぞっとする恐ろしさを感じます。

呪力を持つという点では非現実的なのですが、この作品で描かれている人間の持つ感覚・感性は認めたくないですが今の人間と同じです。認めたくないですが・・・。

序盤の夏季キャンプでの出来事のあたりは難しい説明的な部分が多く、ストーリーもなかなか進まないのですが、中盤からはとてもおもしろく、最後は全てがひとつにまとまって綺麗に終わるので、ぜひ挫折せず見てほしいです。

0901_7

人間の汚い部分がたくさん見えるので色々と考えさせられるアニメです。


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ