メニュー
 
 

【みんなのおすすめアニメ】Persona4 the ANIMATION


投稿されたみんなのおすすめアニメレビューを紹介!

Persona4 the ANIMATION

persona4

 

『Persona4 the ANIMATION』はPS2で発売されたゲーム「ペルソナ4」を原作としたアニメです。

原作のゲームをプレイしたことがある人はもちろん、ゲームをやったことない人にもオススメのアニメです。

このアニメは原作のゲームの演出や雰囲気をそのまま再現した表現も多く、ゲームをプレイした人にはたまらないアニメになっています。

 

persona4_2

 

 

逆に、アニメを見てゲームをプレイする人にはあの演出はゲームの演出なのか、と別の感動があります。

音楽も声優もゲームと同じなのでゲーム経験者には特にオススメです。

あらすじ両親が海外に出張することになり、出張中の1年間のみ田舎の稲羽市にある叔父の家に引っ越してきた主人公「鳴上 悠」

persona4_3

 

「何も無い」田舎で平和なはずが…「マヨナカテレビ」なる奇妙な噂が流行っていた。

 

persona4_4

 

 

転校初日、地元スーパー店長の息子「花村 陽介」、元気たっぷりカンフー好きの「里中 千枝」高校一番の黒髪美人「天城 雪子」など個性豊かな同級生と親睦を含めていると事件が起きたとの校内放送がかかる。不安を抱えながら下校していると電柱に吊るされた奇妙な死体の遺体を発見する…。

その夜、「マヨナカテレビ」を見ることをした主人公。

雨の日の真夜中、午前0時、消えているテレビをひとりで見ると……?

・声優鳴上悠(浪川大輔)花村陽介(森久保祥太郎)里中千枝(堀江由衣)天城雪子(小清水亜美)巽 完二(関 智一)久慈川りせ(釘宮理恵)クマ(山口勝平 )心の成長と絆をメインに描かれており、キャラクターによってそれぞれ悩みを抱えており、それに立ち向かったり、受け入れたりする場面が多いです。

persona4_5

主にメインキャラクターたちは自分自身の「シャドウ」と対面する場面があります。

自分自身のシャドウとは無意識に抑圧している負の部分。

シャドウは本体から生み出され、本体とは別にシャドウ自身が意思を持ち、本体に認められるために様々な行動を行います。

 

persona4_6

しかし、人は自分の負の部分なんて認めたくないもの。

シャドウは本体に強く否定されると、シャドウが本体に成り代わるために暴走して本体を殺そうとします。

この暴走したシャドウを倒し、受け入れる=負の部分を認めることで「ペルソナ」という心の鎧を手に入れることが出来ます。

ペルソナはシャドウと違い、本体を守ってくれる存在。

自分の負の部分を受け入れることによって新たな力を手に入れて、成長していきます。

受け入れたからと言って、負の部分がなくなる訳ではないのでその後も鳴上悠と絆を深めながらいろいろな体験、悩みを解決してさらに成長をしていく物語になります。

 

persona4_1

 

 


 

コメントを残す

このページの先頭へ