メニュー
 

おすすめタイムリープアニメ!


タイムリープってのは直訳すると時間跳躍。

今でもオカルト的な意味でたまに話題になったりしますよね。

某掲示板にタイムトラベラーが現れて予言を書いていったとか。

真実か否かは置いといて、この手のお話っていくつになってもワクワクします。

アニメ作品でもタイムリープをテーマにしたアニメって面白いものが多いので今回はタイムループなど時間系をテーマにしたアニメも合わせて紹介。

※ただし自分が存在しない数百年前にタイムスリップ!みたいなのは今回は除外しています。

 

魔法少女まどか☆マギカ

2154

・放送時期
2011年

・公式サイト
http://www.madoka-magica.com/

wikipedia

・声優
鹿目 まどか(かなめ まどか)
声 – 悠木碧

暁美 ほむら(あけみ ほむら)
声 – 斎藤千和

美樹 さやか(みき さやか)
声 – 喜多村英梨

巴 マミ(ともえ マミ)
声 – 水橋かおり

キュゥべえ
声 – 加藤英美里

・あらすじ

願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人知れず人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に描く。
本作はすでに類型が確立している魔法少女ものというジャンルに新たな切り口を導入することを意図した作品であり魔法少女ものというよりも魔法少女をモチーフにしたダーク・ファンタジーとしての作風が色濃い。ニトロプラス所属の虚淵玄が脚本。

・偏見レビュー

最近の魔法少女物の定番化の先駆け的なものといえるのではないでしょうか。

この作品に関してはやはり話題性がありましたね。可愛らしい作風からのいきなりのグロいシーン。

この作品発信で『マミる』という言葉も少し流行りました。
※なかなか使いどころがないですけども。

最近ですと可愛らしい少女が惨殺されるアニメってのも当たり前になっちゃって、今これをやってもあまり話題にならなかったとは思いますけども、当時としてはかなりの衝撃だったわけです。

このアニメに関してはストーリーも一流ながら、素晴らしさはその演出や敵キャラでしょう。

ゴシックで不思議でオシャレで、それでいて禍々しい雰囲気が出まくってます。

タイムリープの説明はネタバレになっちゃうので、割愛。

アニメファンの間のみならず一般的に話題になったおすすめのタイムリープアニメですね。

 



未来日記

2216

・放送時期
2011年

・公式サイト
http://www.future-diary.tv/

wikipedia

・声優
天野雪輝(あまの ゆきてる)
声 – 富樫美鈴

我妻由乃(がさい ゆの)
声 – 村田知沙

・あらすじ

えすのサカエによる日本の漫画。周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。
友人と呼べるのは、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。
もっとも、これらは雪輝の空想のはずだった。ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。

・偏見レビュー

携帯電話に未来が書き込まれていく能力を持つ主人公と似たような力を持つ能力者たちとの頭脳バトルアニメですね。

基本的にみんな未来を知ることができるんですけども、主人公は自分の身の回りだけ、他の人は~~についてだけの未来を知ることができるとかで各個人によってわかる未来が違う。

自分の能力の特性や相手の弱点などをつきながらバトルをしていきます。

ちなみにこのアニメに関しては、どちらかと言うと違う属性で有名になっていてヒロインの『ヤンデレ』が有名。

可愛らしい方ではなくて、ほんとに関わってはいけない方のヤンデレなので、ヒロインとしての評価は分かれるところですね。

ちなみにこれもタイムリープの説明をするとネタバレしてしまうので割愛。

 

STEINS;GATE(シュタインズゲート)

2592

・放送時期
2011年

・公式サイト
http://steinsgate.tv/index.html

wikipedia

・声優
宮野真守 【岡部 倫太郎】
花澤香菜 【椎名 まゆり】
今井麻美 【牧瀬 紅莉栖】
関智一 【橋田 至】

・あらすじ

前作『CHAOS;HEAD』で描かれた、「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後。
秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーである厨二病の大学生 岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)である橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。
2010年7月28日、岡部は椎名と共に向かった講義会場で、わずか17歳の天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。

・偏見レビュー

タイムリープアニメの最高峰と言えるアニメです。

アキバを舞台に自称マッドサイエンティストがタイムリープマシンを開発してしまい、それを引き金に様々な事件が…みたいなお話。

タイムトラベラーとされる『ジョン・タイター』をモチーフにしたストーリーなので、ジョンタイターの話を知っておくとより楽しめるかも。

ただ当時の2ちゃん用語が随所に使われているので今見るとちょっと懐かしいなと感じてしまうかも。

そう考えると言葉の移り変わりって本当に早いですね。

 


orenge

orange

・放送時期
2016年

・公式サイト
http://orange-anime.com/

wikipedia

・声優
高宮 菜穂(たかみや なほ)
声 – 花澤香菜

成瀬 翔(なるせ かける)
声 – 山下誠一郎

須和 弘人(すわ ひろと)
声 – 古川慎

・あらすじ

長野県松本市に住む女子高校生・高宮菜穂は2年生になった4月の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。
その手紙には、26歳になった10年後の自分が後悔をしていて、その後悔を16歳の自分には味わってほしくないこと、菜穂に今後起きること、それに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。

・偏見レビュー

実際にタイムリープするわけではなくて、未来の自分から現在の自分へ手紙が届くお話ですね。

死んでしまった同級生、カケルを救ってほしいと未来の自分から手紙が届きます。

半信半疑だったが、その手紙に書いてあることは本当に起きて…

みたいなアニメなのですが、好き嫌いが分かれるアニメだろうなと思います。

というのも少女漫画原作なわけですが、ここで泣かせようという感じがすけて見えてしまいちょっと気になるかなと。

また、やっぱり女性作家から見た魅力的な男子なので、男から見ると??となることも多くそうなると感情移入できずに途中リタイアになるでしょう。

ただ、男女数人グループの青春恋愛アニメが好きっていう女子にとっては大好物アニメと言えると思います。

 

Re:ゼロから始める異世界生活

2784

・放送時期
2016年4月

・公式サイト
http://re-zero-anime.jp/

wikipedia

・声優
ナツキ・スバル: 小林裕介
エミリア:高橋李依
レム:水瀬いのり
ラム:村川梨衣
ベアトリス:新井里美

・あらすじ

長月達平によるライトノベル。イラストは大塚真一郎が担当している。
公式略称は「リゼロ」。小説投稿サイト『小説家になろう』にて2012年4月より連載が始まり、MF文庫J(KADOKAWA メディアファクトリー)より2014年1月から刊行されている。
異世界へ召喚され、自分の死亡と共に時間を巻き戻す能力だけを得た無力な少年の、運命に抗う奮闘ぶりを描く。

・偏見レビュー

小説家になろう発信の作品です。

タイトルにも Re: とあるように異世界の中で過去に何度もタイムリープを繰り返します。

ロールプレイングゲームのように、死んでしまったら過去にセーブしたポイントから始まり、みたいなお話ですね。

ある意味ノベルゲーの分岐を繰り返していくようなダークファンタジーアニメというところでしょうか。

この作品の魅力は、ストーリーの面白さもありますが、ヒロインたちの魅力ですね。

特に双子の鬼娘のメイド、レムの人気は絶大でSNSでもレムの画像をアイコンにする人は非常に多いです。




 

ひぐらしのなく頃に

2531

・放送時期
2006年

・公式サイト
http://www.oyashirosama.com/web/top/index.htm

wikipedia

・声優
前原 圭一(まえばら けいいち)
声:保志総一朗

竜宮 礼奈(りゅうぐう れいな)
声:中原麻衣

園崎 魅音(そのざき みおん)
声:雪野五月

北条 沙都子(ほうじょう さとこ)
声:かないみか

・あらすじ

昭和58年夏。
都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。
仲間との他愛のない日常を過ごしていた。それは、永遠に続くかに思えた。
毎年6月に行われる祭、「綿流し」。そう、その日も楽しい一日になるはずだった。
雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・

・偏見レビュー

同人ゲームからのアニメ化作品ですね。

ジャンルはホラーのサウンドノベルです。

萌えキャラからの凄惨な惨殺シーンの先駆け的な存在ですね。

シリーズが続くにつれて、だいぶ良くなってきますが一期の作画には最初抵抗があるかも…

ただ、この作画だからこそなんだかB級ホラー感が出ていて逆に雰囲気が出ているってのもあるんですよねー。

 

僕だけがいない街

2092

・放送時期
2016年

・公式サイト
http://bokumachi-anime.com/

wikipedia

・声優
藤沼 悟
声 – 満島真之介(成人)
土屋太鳳(小学生)

雛月 加代
声 – 悠木碧

片桐 愛梨
声 – 赤﨑千夏

藤沼 佐知子
声 – 高山みなみ

八代 学
声 – 宮本充

・あらすじ

『僕だけがいない街』(ぼくだけがいないまち、略称:僕街)は、三部けいによる日本の漫画作品。
売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。
その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。

・偏見レビュー

マンガのエンディングに合わせて、実写劇場版、アニメ化とマルチメディア化された作品。

2016年の覇権アニメとしての呼び声も高いアニメですね。

もちろんアンチも多いですが、印象に残るアニメという意味では間違いないので一度は見てみることをおススメします。

タイムリープというファンタジーな要素もありつつも、要素としてはミステリー、サスペンスの方が強い。

キャラに人気が出るという作品ではなくて、ストーリーでの人気が強いので熱狂的な信者は多くないかもしれませんが、幅広い層に受ける作品です。

家族で見たりしても楽しめるアニメだと思います。

 


Charlotte(シャーロット)

955

・放送時期
2015年7月

・公式サイト
http://charlotte-anime.jp/

wikipedia

・声優
乙坂 有宇
声 – 内山昂輝
友利 奈緒
声 – 佐倉綾音
高城 丈士朗
声 – 水島大宙
西森 柚咲
声 – 内田真礼

・あらすじ

思春期の少年少女のごく一部に、不完全な「特殊能力」が発症する世界。
他人の体を5秒だけ乗っ取る能力を持つ少年・乙坂有宇は、これを人知れず悪用しエセ優等生生活を送っていた。
しかし、星ノ海学園生徒会の友利奈緒と高城丈士朗に見破られ、妹・乙坂歩未と共に学園に転入、生徒会で自分たちと同じ能力者に警告する活動に協力することになる。

・偏見レビュー

KEYとPAワークスが手を組んだ作品。

『Angel Beats!』以来2作目ということでAngel Beats!の信者が過度な期待をしたため、ハードルが上がり過ぎてネットでは酷評されることが多いですが、前情報なしで見ればストーリーも練り込んである見るべきアニメ。

タイムリープに関しては、ネタバレになってしまうので割愛しますが、シナリオは途中から『えっ?そうだったの?』となること間違いなしです。

ちなみにタイトル名の理由は作中で明かされることはありませんが、ググっちゃダメです。

全部見終わってからググることにしましょう。




失われた未来を求めて

244

・放送時期
2014年

・公式サイト
http://ushinawareta-mirai.com/
wikipedia

・声優

秋山 奏(あきやま そう)
声 -寺島拓篤
佐々木 佳織(ささき かおり)
声 – 高田初美
支倉 愛理(はせくら あいり)
声 -瑞沢渓
古川 ゆい(ふるかわ ゆい)
声 -友永朱音

・あらすじ

文化祭が近づく内浜学園。
2年生の秋山奏と幼なじみの同居人・佐々木佳織が所属する天文学会は、文化祭にはプラネタリウムを作ろうと盛り上がり、
一方で学生会からは各学会で起こるトラブルを解決してほしいと依頼される。
そんな中、奏のなにげない一言で傷ついた佳織。
ギクシャクする奏と佳織だが、皆で星を見に行った先で、愛理たちのはからいもあり仲直りをする。
翌日、佳織は部室で奏に好きだと打ち明けた。
が、奏からの返事を聞かないまま、その帰り道でバス事故に巻き込まれてしまう……。

・偏見レビュー

元々はエロゲですけども、エロ要素はなしですね。

好きな女の子を助けるためタイムリープする学園恋愛アニメ。

そんなに話題にならなかったんですが、作画のキレイさといい、学園の謎を解いていくようなミステリー、サスペンス要素もありで最後まで楽しめるアニメになってます。

エンディングもベタな感じですけど結構好きです。

 



時をかける少女

1486

・放送時期
2006年

・公式サイト
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

wikipedia

・声優
紺野真琴 仲里依紗
間宮千昭 石田卓也
津田功介 板倉光隆
芳山和子 原沙知絵

・あらすじ

筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作であるが、原作の物語の映画化ではなく、原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物が繰り広げる物語を描く続編である。

・偏見レビュー

アニメ映画ですね。原作の20年後を描く作品。

監督は細田守氏。

新海誠氏の君の名はが大ヒットするまでは、ポストスタジオジブリの第一候補でした。

ディズニー、ジブリ以外では萌えキャラしか売れないアニメ業界という近年の風潮の中で一般的な作画で異例の大ヒットを飛ばした作品です。

細田氏は、その後もサマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪など大ヒットを飛ばしています。

国内外における映画・アニメ賞など23冠を受賞しているほど評価の高い作品。

一度は見ておくべき王道タイムリープアニメですね。

 

君の名は

kimino

・放送時期
2016年

・公式サイト
http://www.kiminona.com/

wikipedia

・声優
立花 瀧(たちばな たき)
声 – 神木隆之介

宮水 三葉(みやみず みつは)
声 – 上白石萌音

・あらすじ

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。
2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。
翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後も週に2~3回の頻度でたびたび「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。2人はスマートフォンのメモを通してやりとりをし、入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻った後に困らないよう日記を残すことにした。

・偏見レビュー

ジブリを超えた日本歴代TOPの興行収入を誇るアニメ映画。

この作品に関しては、色々なところでレビュー、評価もあるのであえて割愛。

確かに今までの新海誠氏の作品が好きっていう方にとっては、受け入れがたい部分もあるかもしれませんが、この売上が世の中の評価ということなのだと思います。

ちなみに私は『言の葉の庭』のような過去の新海誠氏の作品の方が好きですけどね。




 

涼宮ハルヒの憂鬱

2620

・放送時期
2009年

・公式サイト
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/

wikipedia

・声優
キョン
声 – 杉田智和

涼宮 ハルヒ(すずみや ハルヒ)[10]
声 – 平野綾

長門 有希
声 – 茅原実里

朝比奈 みくる
声 – 後藤邑子

・あらすじ

谷川流のライトノベル『涼宮ハルヒシリーズ』を原作とする日本のテレビアニメ。
極々普通の男子高校生主人公 キョン 、彼の視点からその映し出される世界には、いつもその中心に女子高校生ヒロイン涼宮ハルヒと団体「SOS団」
(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団、Sekai wo Ooini moriageru tameno Suzumiya haruhiの団→SOS団)での活動を中心にさまざまな登場人物と日常的非日常があった。

・偏見レビュー

深夜アニメをこの作品から見るようになったという人も多いのではないでしょうか?

ヒロイン、ハルヒのでかいポスターや看板が秋葉原いたるところに貼ってあったのを思い出します。

この作品自体がタイムリープというわけではありませんが、今でもアニメ好きの中で伝説とされる『エンドレスエイト』。

今でもハルヒが語られる時はエンドレスエイトがなかったらもっと名作扱いされていたのに…と言われることも多い。

しかし、悪い方でもこれくらい振りぬけてくれたら記憶にも残りますからね。

そういう意味では作り手側の狙いとおりだったのかもしれません。

 



無邪気の楽園

mujaki

・放送時期
2014年

・公式サイト
http://www.hakusensha.co.jp/comicslist/49122/

wikipedia

・声優
反田省太(はんだ しょうた)
声 – 内匠靖明

春風このみ(はるかぜ このみ)
声 – 五十嵐裕美

・あらすじ

将来の展望も一切なく、ニート同然であった25歳の青年・反田省太は、母校で開かれた同窓会に参加し、元同級生たちが今や社会に出て成功を収めているのを知ってやるせない気持ちになっていた。
その後、独り「異空間と繋がっている」という七不思議の噂のあったプールで黄昏れていたが、不意に足を滑らせて水中へ転落してしまう。
そして水面から顔を出してみると、小学生たちが授業を受けている場に居合わせてしまう。

・偏見レビュー

OAVですね。

はっきり言ってエロアニメです。

冴えないおっさんが小学生時代に戻って、無垢な女生徒たちに…

というエロ本でよくある設定をそのままアニメ化。

このご時世、小学生設定の女の子にによくそこまで攻められるなとある意味尊敬の念を感じてしまうアニメです。

 


ジョジョの奇妙な冒険

2811

・放送時期
3部:2014年
4部:2016年

・公式サイト
http://jojo-animation.com/sc/
http://jojo-animation.com/

・あらすじ

荒木飛呂彦による同名の漫画を原作としている。

・偏見レビュー

シリーズ累計発行部数は1億部。

確かにシリーズで100巻は越えてますけどもとんでもない数字ですね。

ジョジョの魅力は、たぶん友達の誰かに聞けば存分に語ってくれる人がいるかと思いますからあえてここでは書きません。

3部以降はスタンドというものを使う頭脳バトルにシフトしていくわけですが、スタンド能力の中でも時間関係は最強ですね。

荒木先生も時間に関わる能力は別格にしているんじゃないかな。

タイムリープアニメとは呼びにくいですけども、時間はかなり大事なキーワードなので入れてみました。

 

四畳半神話大系

2348

・放送時期
2010年

・公式サイト
http://yojouhan.noitamina.tv/

wikipedia

・声優

声 – 浅沼晋太郎
小津
声 – 吉野裕行
明石さん
声 – 坂本真綾
樋口 清太郎
声 – 藤原啓治

・あらすじ

森見登美彦による日本の小説である。
京都市を舞台に、京都大学3回生の男子学生が、1回生時に選んだサークルによって自らの大学生活をいかに変えていったか、その可能性を描く一人称小説。

・偏見レビュー

タイムリープアニメというと語弊があるかもしれませんが、パラレルワールドを繰り返していくアニメ。

1話完結ですが、大学生活の過ごし方をもしこうだったら?を繰り返していきます。

初見だと、類を見ない独特の世界観についていけないところもあるかもしれませんが、見ていくうちにどっぷりのハマること間違いなしのアニメです。

 


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ