メニュー
 
 

おすすめ鬱アニメ【絶対に見るべきアニメ】


見ると重い気持ちになったり、全体的に暗い雰囲気のアニメ。

なのでおすすめというとちょっと変なのですが、

なんかそういうのが見たいときってあると思うのでそういう時用に鬱アニメまとめ。

2016年 6月更新

aカテゴリ一覧
 

鬱アニメ2はこちら>>>

 

school  days

schoolday

housoujiki2007年 夏アニメ

http://www.marv.jp/special/schooldays-anime/

seisakukaishaティー・エヌ・ケー

seiyu

平川大輔 伊藤 誠

河原木志穂 西園寺 世界

岡嶋妙 桂 言葉

story

榊野学園高等学校へ通う少年・伊藤誠は、以前から登校時に時々同じ電車へ乗る隣のクラスの少女・桂言葉のことを気に掛けていた。

ある日、誠は学園に伝わる「好きな相手を携帯電話の待ち受け画面にして、3週間隠し通したら想いが叶う」というおまじないを実行したが、同じクラスで隣の席の少女・西園寺世界に、わずか1日で見つかってしまう。

review

内容がショッキングなアニメとして必ず登場するアニメ。

主人公が本当にクズすぎてびっくりします。

今や伝説ともされる過激な最終話はちょうどその当時実際にあったショッキングな事件と(京田辺警察官殺害事件) の配慮から放送中止。

そのまま実質打ち切りとなりました。

多分今では地上波でとても流せる内容ではないと思います。

school  daysを視聴する。>

 


剣風伝奇ベルセルク

berserk

housoujiki1997年 秋アニメ

http://berserk-anime.com/

seisakukaishaOLM

seiyu

林延年 ガッツ

森川智之 グリフィス

宮村優子 キャスカ

story

死んだ母親の骸から泥の中に産み落とされたガッツは、偶然通りかかった傭兵団に拾われ、過酷な環境の中で育ての親から剣術を教えられ、幼い頃から戦士として戦場で生きていく。

ある日、育ての父を殺害してしまったガッツは傭兵団を脱走、流れの傭兵として各地の戦場を転々とする生活を送るようになる。

そんなある時、ある城での攻防戦において凄腕の騎士を倒したガッツに、「鷹の団」団長グリフィスが目を留める。

review

基本的にはファンタジーの世界でバトルあり、恋愛あり、だんだん成功していく主人公たちと熱い気持ちで見ることができる。

ただし、原作を読んだ人ならわかると思いますが、あの一番救いのないシーンで終わりです。

その後リメイクされてますが、リメイク版も同じように一番救いのないシーンで終わりです。

ここまで言うとネタバレになってしまうかもしれませんが、これは知っておかないと本当にげんなりします。

あれから20年近く経過し2期が始まるそうですが、そこでは救いがあってほしいものです。

剣風伝奇ベルセルクを視聴する。>

ベルセルク 2期を視聴する。>

 

ぼくらの

bokurano

housoujiki2007年 春アニメ

http://www.gonzo.co.jp/archives/bokurano/

seisakukaishaGONZO

seiyu

阪口大助 和久 隆

保志総一朗 小高 勝

杉田智和 矢村 大一

井口裕香 半井 摩子

story

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。

ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大なを倒して地球を守る」というもの。

兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。

review

子供たちを主軸においているのになんて鬱になるアニメなのでしょうか。

最初はロボットバトルものかと思えば、あまりロボットバトルは関係ないです。

なぜ子供たちにこのようなことを押し付けるのでしょうか…

この原作の方は なるたる という漫画の原作もやっていますが、それも鬱展開で評判です。

ぼくらのを視聴する。>

 


火垂るの墓

hotaru

housoujiki1988年 映画アニメ

火垂るの墓wiki

seisakukaishaスタジオジブリ

seiyu

辰巳努 【清太】

白石綾乃 【節子】

story

1945年(昭和20年)9月21日、清太は省線三ノ宮駅構内で衰弱死した。清太の所持品は錆びたドロップ缶。

その中には妹・節子の小さな骨片が入っていた。駅員がドロップ缶を見つけ、無造作に草むらへ放り投げる。

地面に落ちた缶からこぼれ落ちた遺骨のまわりに蛍がひとしきり飛び交い、やがて静まる。

14歳の少年清田と幼い妹節子のたった二人で生き抜こうとした物語。

review

最近の若い子たちこそ見てほしいアニメ。

昔は、映画館に見に行くと同時上映というものがありまして、メインに見に行った映画ともう一本映画を上映していました。

案外メインに見に行った映画よりも面白いなんてものもありワクワクしたものです。

この火垂るの墓はメインではなく、どちらかというと同時上映される側でメインはなんと「となりのトトロ」

トトロを見にワクワクしながら映画館に行くと、この「火垂るの墓」を見せられる。もうテロに近い非人道的な行為です。

何度も見ていますが、節子の「兄ちゃん」というのを聞くだけで涙が出そうになるのです。

火垂るの墓を視聴する。>

 

未来日記

mirainikki

housoujiki2011年 秋アニメ

http://www.future-diary.tv/

seisakukaishaアスリード

seiyu

富樫美鈴 天野雪輝

村田知沙 我妻由乃

story

周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。

友人と呼べるのは、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。

もっとも、これらは雪輝の空想のはずだった。

review

ヤンデレ好きなら必ず見ておくべきアニメ。

上のサムネイル画像は 恍惚のヤンデレポーズ と名付けられ第一話で、ヒロイン・我妻由乃が取ったポーズ。

以降ヤンデレといえば、このポーズとまでされるほどになった。

ヤンデレだけが取りざたされているがストーリーも非常に面白い。

未来日記を視聴する。>

 


エルフェンリート

elfen

housoujiki2004年 夏アニメ

http://www.vap.co.jp/elfenlied/

seisakukaishaアームス

seiyu

小林沙苗 ルーシー

鈴木千尋 コウタ(耕太)

能登麻美子 ユカ

story

ある日、偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは、拘束を破って警備員と研究所室長・蔵間の秘書・如月を殺害し、研究所からの脱走を試みる。

海に飛び込む直前に頭部を対戦車用徹甲弾で撃たれるも幸い軽傷で済んだルーシーは、そのまま海へ投げ出される。

review

原作はヤングジャンプで連載していた岡本倫の作品。

原作イラストはそこまで綺麗ではないのですが、ストーリーが面白いので地味にヒット作を生み出し続けています。

萌え、エログロ、切ない純愛、異能バトルとミックスされている作品。

エルフェンリートを視聴する。>

 

シゴフミ

shigofumi

housoujiki2008年 冬アニメ

http://www.shigofumi.com/

seisakukaishaJ.C.STAFF

seiyu
植田佳奈   フミカ

松岡由貴 カナカ

story

想いを残したまま亡くなった人が大切な人へ宛てて書いた手紙「死後文」(シゴフミ)を届ける「死後文配達人」の少女・フミカと、

その相棒の喋る杖・カナカ、そして死後文に関わった人たちの姿を描く。

review

設定としては、昔からよくありがちのものなのかもしれない。

死後文の配達人フミカが死神のような存在で、人間模様をただ眺めているだけ。

その人間模様が基本的には救いのない話で妙に引き込まれてしまうアニメなのです。

シゴフミを視聴する。>

 

GUNSLINGER GIRL

gunslinger

housoujiki2003年 秋アニメ

http://www.marv.jp/special/gs/gunslingergirl/www/1st/

seisakukaishaマッドハウス

seiyu

南里侑香 ヘンリエッタ

三橋加奈子 リコ

仙台エリ トリエラ

小清水亜美 クラエス

story

物語は現代ではない架空のイタリア。

国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力が絶えなかった。

イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。

しかしその実態は、少女たちの身体の改造と洗脳を行い、暗殺をはじめとした闇の組織だった。

review

少女を洗脳して武器のように扱い任務をこなしていく。

あのリュックベッソン監督の不朽の名作映画「ニキータ」を思い出させます。

少女たちはその見た目に似合わないゴツイ銃を使ってターゲットを殺していきます。

全体的に儚げな雰囲気の大人向けアニメです。

GUNSLINGER GIRLを視聴する。>

 


ひぐらしのなく頃に

higurashi

housoujiki2006年 春アニメ

http://www.oyashirosama.com/web/top/index.htm

seisakukaishaスタジオディーン

seiyu

保志総一朗 前原 圭一

中原麻衣 竜宮 礼奈

雪野五月 園崎 魅音

かないみか 北条 沙都子

story

本作品は人口2000人に満たない寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、

村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリーである。

review

アニメファンならずともこのタイトル名は聞いたことがあると思います。

見る順番としては、無印→ 解→ 礼→煌と続きます。

元々はPC版サウンドノベルゲームなので、それをいろいろな分岐した場合をアニメ化したような感じでしょうか。

ですので、必然的にタイムリープ物のように見えます。

ホラー×グロ×タイムリープ×ミステリーに萌え少々という感じでしょうか。

一期のイラストは萌え要素が強すぎるため、最初でリタイアしてしまうかも。

頑張って1話の最後まで見るとぐっと世界に引き込まれます。

ひぐらしのなく頃にを視聴する。>

 

黒塚 KUROZUKA

kurotuska

housoujiki2008年 秋アニメ

http://bd-dvd.sonypictures.jp/kurozuka/

seisakukaishaマッドハウス

seiyu

宮野真守 クロウ/源九郎/九朗坊

朴璐美 黒蜜(くろみつ)

story

時は鎌倉時代、兄・源頼朝より逃げおおす源義経(源九郎)と武蔵坊弁慶(大和坊)。

二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。

いつしか九郎と黒蜜は男女の関係になる。その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた。

review

原作は夢枕獏氏の伝奇小説がとなっており和製吸血鬼の話。

はっきり言って途中から話の意味がよくわかりません。

ただ序盤はとても美しく切なくそして演出が素晴らしいので見る価値あり。

黒塚を視聴する。>

 


魍魎の匣

mouryou

housoujiki 2008年 秋アニメ

http://www.ntv.co.jp/mouryou/

seisakukaishaマッドハウス

seiyu

平田広明 中禅寺秋彦

森川智之 榎木津礼二郎

高橋美佳子 楠本頼子

戸松遥 柚木加菜子

story

暗い性格で友達もいなかった楠本頼子は、クラス一の秀才で美少女の柚木加菜子に突然「私たちは互いが互いの生まれ変わりなんだ」と声をかけられる。

始めは戸惑う頼子だったが、互いに孤独だった2人は親交を深め、2人で最終電車に乗って湖を見に行こうと約束する。

しかし加菜子は中央線武蔵小金井駅の高尾方面ホームから何者かに突き落とされ、列車に轢かれてしまう。

review

これも最初から陰鬱な雰囲気で物語が進んでいきます。

時代背景は戦後間もないころでしょうか。耽美的であり、ノスタルジックさを感じるアニメ。

内容としてはミステリー要素が強いアニメ。

流し見だと意味がわからず何度も見てしまうことになるので、じっくり見ることをお勧めします。

魍魎の匣を視聴する。>

 

BLOOD-C

bloodc

housoujiki2011年 夏アニメ

http://www.blood-c.jp/

seisakukaishaプロダクションI.G

seiyu

水樹奈々 小夜

野島健児 七原 文人

福山潤 犬

story

浮島神社の巫女・更衣小夜は、平和な学生生活を送る一方、父親で神主の更衣唯芳の命により、〈古きもの〉と呼ばれる異形の存在を狩るという「務め」を果たしていた。

戦いが激化して平和な日常が破壊されていくうち、小夜は奇妙な過去の記憶のフラッシュバックに苦しめられ、日常の裏に潜む不自然さに気づく。

review

とくかく後半から特にグロい。単なる流血だけでなくちょっと気持ち悪くなったりします。

また最初はバトル×ほのぼの×恋愛かと思いきや、後半の急展開にびっくりします。

グロ耐性がない人はあまり見ない方がいいかも…

BLOOD-Cを視聴する。>

 


BLOOD+

bloodplus

housoujiki2005年 秋アニメ

http://www.blood.tv/

seisakukaishaプロダクションI.G

seiyu

喜多村英梨 音無 小夜

小西克幸進藤尚美 ハジ

大塚芳忠 宮城 ジョージ

story

沖縄県沖縄市コザに住む音無小夜は、運動好きで食いしん坊なごく普通の女子高校生。

1年前以前の記憶を持たない他は、血の繋がらない家族である養父の宮城ジョージカイリク兄弟、そして親友の金城香里らに囲まれて幸せな日々を過ごしていた。

忘れ物を取りに入った夜の学校で、小夜は突如現われた得体の知れない化け物に襲われる。

review

このアニメは鬱展開も流血もありですが、物語としては非常に面白い。

問題は結構長いので途中でだれてしまう場所もあります。

ですが、世の男性は美少女と刀という組み合わせが大好物なのでつい見てしまうのです。

BLOOD+を視聴する。>

 
鬱アニメ2はこちら>>>

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

記事一覧


特集アニメまとめ

このページの先頭へ